筑前煮セット

いよいよ最後です。私の担当で、「筑筑前煮セット」。

 

煮物と春巻きだなんて、手間のかかるメニューを2つも作るなんて、自分ではなかなかできません。仕事をしながら家事もしているとか、介護疲れのなかで食事も用意しなくちゃいけないとか、そういう人にもぜひ利用してもらえたらいいですね。

 

内容は、筑前煮、もちもち野菜春巻き、いかの酢味噌和え、おかか醤油ご飯、しめじと豆腐の味噌汁。

 

さっそく1品ずつ見ていきます。

 

まず、筑前煮。湯せん5分。

 

煮物の味がちゃんと付いてないと美味しくないよね〜と思いながらぱくっと一口。心配無用。美味しかったです。素材の風味はちゃんと生きていて、味もだしが利いていて。むしろ、自分でもこんなふうに作れたらいいなあと思ってしまいました。

 

もちもち野菜春巻き。湯せん5分。

 

湯せんで温めるとなると、パリッとした春巻きは無理だと思います。最初から「もちもち」を狙っていくというのが戦略だなと感じました。食感は実際にもちもちしていて、味も醤油等はつけずに食べましたが十分美味しかったです。

 

いかの酢味噌和え。流水解凍。

 

もうすっかり慣れたので、早めの解凍で問題なくクリアです。今回のセットの中ではこれが一番不安でした。生臭くないかなあとか。でも、全然!美味しくてあっという間に食べてしまいました。

 

おかか醤油ご飯。湯せん5分。

 

ご飯の量は控えめと書いてきましたが、私には十分で、おかずを全部平らげたらご飯は少し残ってしまったくらいです。

 

そして最後、しめじと豆腐の味噌汁。湯せん5分。

お味噌汁の量も多くはないので、味噌汁が好きで、おかわりしたいという方は、おかずセットがおすすめです。逆に、私のように塩分制限のある人の場合は、味噌汁って意外に塩分が多いので、最初から量の限られているフルセットがおすすめです。

 

以上で、私のレポートはおしまいです。実際に5食分試してみて、メリットの多さを実感したというのが感想です。さまざまな事情で、食事の支度に手を掛けられない方はもちろん、私のように健康上の問題から食事の管理が必須な人などにはこのシステムを利用することでかなり成果が出せるように思います。
また、我が家の場合、学校で給食の出る長女、次女はいいのですが、パンやカップ麺を買って食べたり、外食中心の昼食になってしまう息子のお弁当に利用するのもいいなと思い、検討中です。

 

 

 

 

http://www.onemile-market.com/