国産ほっけの塩焼きセット

3食目です。国産ほっけの塩焼き、ごぼうと牛肉の旨煮、小松菜と人参の卵とじ、白ご飯、豆腐とちくわの味噌汁の5品です。今回は、高校生の長女が担当します。

 

長女は我が家で一番いっぱい食べる人なので、これで足りるかどうかちょっと心配。案の定、ご飯が足りなくて、家で炊いたご飯を少しおかわりしました。食べ盛りの若い人や、働き盛りの男性などには、ちょっと量が足りないかもしれません。
なので、そういう人がいる場合には、フルセットにしないでおかずセットにして、ご飯と汁物は自前で用意するというのが適していると思います。

 

それでは、1品ずつ見ていきましょう。
まず、ほっけの塩焼き。湯せん5分。

 

魚の塩焼きを湯せんで温めるというのが、最初ピンとこなかったんです。塩焼きって、表はパリッと焼けて、中がジューシーなのが美味しいじゃないですか。なので、味もどうかなあと思ったのですが、全然問題ありませんでした。十分ふっくらとして美味しく、長女もちろん完食です。

 

続いてごぼうと牛肉の旨煮。湯せん5分。

 

温め終わって開封した途端、美味しそうなごぼうの香りがふわ〜っと。味も過不足なく、素材の味もしっかり味わえて美味しかったです。

 

小松菜と人参の卵とじ。湯せん5分。

 

今回のメニューは、流水解凍のものがなく、すべて湯せん5分でした。これはすごく楽ですね。

 

白ご飯。湯せん5分。
これまでの経験から、1分長めに湯せんにかけました。このご飯の量が、長女にはちょっと物足りない。

 

豆腐とちくわの味噌汁。湯せん5分。

 

私の中では、ちくわを味噌汁に入れるという発想はなかったので、これは目からうろこのメニューでした。こんなふうに、知らない、あるいは自分では思いつかない料理のヒントが得られるのもいいですね。

 

次のページ>>

 

 

http://www.onemile-market.com/